4809

基本情報

性別 年齢 身長 職業 出身 時代 作者 作者ID
19 172 無職 イギリス 1800年頃 あーる @yukatannuma

見た目の情報

  • 目:三白眼。紫色。
  • 髪:くるくるうねうねくせ毛。死に際に髪が白くなったが元は群青色。
  • 体型:ひょろひょろでとても細い。
  • 歯:ギザっ歯

その他情報

  • 表記:番号4809
  • 愛称:シャラク

人物

目つきが悪く無愛想な表情だが、根は優しい。生前からの対人恐怖症をなんとか克服しようと頑張っている。心が弱く、死ぬ間際のショックにより少し幼児退行のような幼い感情が見え隠れしている。簡単にいうとメンヘラ虚弱トラウマ囚われ男である。閉所恐怖症である。

生前

生まれた時から孤児院にいて名前はない。孤児院の登録番号の4809を通称シャラクとして呼ばれていた。5歳のときに1人の男に引き取ってもらうが特に愛されるわけでもなく名前をもらうわけでもなかった。男にはなにか秘密があると勘づき、19歳の時に入ってはいけない秘密の部屋へと入る。孤児院の子どもたちはは闇組織の人身売買につかわれていること、男が全ての黒幕だと知って絶望の奈落へと突き落とされた。シャラクは憎しみをもって男を殺した。

死因

自殺。死刑制度が終わったばかりの国では秘密裏に処刑することを決定。起爆装置がついた頸枷をはめられたまま小さい箱にいれられ放置。気がおかしくなり自らスイッチを押した。

外部リンク

[[リンク名:URL]]:説明 #co(){項目は他の部分を参考に自由に増やしてください。この文章はページに表示されません}


設定画


  • 最終更新:2016-12-06 14:27:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード