カオス・ウル・ハデス

基本情報

性別 年齢 身長 職業 出身 時代 作者 作者ID
22 170 国王 アラビア 西暦800年 ソェフ @soefmoeb

見た目の情報

  • 目:黒
  • 髪:黒(死後は白)
  • 体型:少し筋肉質だが最近太った

その他情報

  • 表記:Chaos Ur Hades
  • 愛称:カオス(生前はペコスという偽名を用いていた)
  • 一人称は「私」二人称は「お前」

人物

少々尊大で冷たくみえるが、慈愛は深い。責任感が強く自己犠牲的だが、ここぞとばかりにアホ。特撮番組「モブスレイヤー08」の大ファンである。生前は国王とだけあって初期はラスボスみたいな雰囲気だったが、最近ではもっぱら天然を発揮しボケに回ることも多い。
スケルトンになって文明に触れてから、何故か腐女子っぽくなってしまいPixivアカウントに絵を投稿している。

妹のアビスの事をよく気にかけており、自分の過去を悔いている。
紆余曲折を経て仲直りした今は、二人でサブカルチャーの追及を続けている。

生前

ハデス王家の末裔として生まれた双子の姉。幼い頃は妹のアビスと仲が良く、落ち着いた子供であった。

父親を誰より尊敬していたが6歳で両親と死に別れる。
その後6歳で性別を偽り王座についてからは性格が一変。責任の重さに強いストレスを感じ、また何も曲げられない厳格な性格が仇となり、妹との仲を悪化させ自殺まで追い込んでしまった。

その後戦乱の世にあって時代に追い詰められたカオスは代々険悪だった強国と不利な同盟を結んでしまい、それが元で死に至る。

死因

同盟国に裏切られ戦場で戦死。
表向きには「ペコス側が裏切った」とされ遺体は同盟国の中で晒された。

後日自国民に遺体は引き取られ家族の傍に埋葬されるも、今は発掘され博物館に展示されている。

  • 最終更新:2017-01-19 12:43:02

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード